CPAラーニング 簿記検定3級 第2回ネット模擬試験

第1問(45点)

下記の各取引について仕訳しなさい。ただし、勘定科目はもっとも適当と思われるものを選び、解答すること。
また指示がある場合を除き、消費税は考慮しないこととする。
1
×
出張中の従業員から¥300,000の当座振込があった。しかし、その内容は不明である。
2
×
下関商事から仕入れた商品のうち品違いがあり、返品した。この金額¥84,000は同社に対する買掛金から差引いた。
3
×
A銀行とB信用金庫に当座預金口座を開設し、それぞれの当座預金に現金¥100,000を預け入れた。
ただし、管理のために銀行口座ごとに勘定を設定することとした。
4
×
商品¥30,000を売上げ、代金のうち¥29,000は信販会社発行の商品券で受け取り、残額は現金で受け取った。
5
×
現金の実際有高が帳簿残高より¥17,000不足していたので現金過不足勘定で処理しておいたがその後原因を調査したところ、通信費の支払額¥8,500、発送運賃の支払額¥7,500および、手数料の受取額¥4,000が記帳漏れとなっていた。原因不明分は雑益または雑損で処理することにした。
6
×
従業員に給料総額¥700,000を支給するに際して、所得税の源泉徴収分¥215,000を差引き、手取金を現金で支払った。
7
×
当社は家具の販売業を営んでいる。本日、店舗の陳列棚として使用するためのラック500,000円を購入し、代金は現金で支払った。
8
×
関東商事は会社事務用のパソコン15台(@¥110,000)を購入し、設置費用¥40,000と合わせて代金は月末払いとした。
9
×
北海道商事はクレジットカード払いで¥200,000商品を売り上げた。なお、信販会社の手数料は販売代金の3%であり、販売時に認識する。
10
×
出張旅費を本人が立て替えて支払っていた従業員A氏が出張から帰社し、下記の領収書を提示してきたので、当社の当座預金口座から従業員の指定する普通預金口座へ振り込んで精算した。
11
×
仕入先への買掛金¥50,000を普通預金口座から支払った。なお、振込手数料¥100が同口座から引き落とされた。
12
×
建物の修繕を行い、¥800,000を小切手で支払った。なお、支払額のうち、¥600,000は資本的支出である。
13
×
法人税等の中間納付を行い、前事業年度の法人税等¥689,000の1/2に当たる、¥344,500を小切手で支払った。
14
×
かねて¥250,000で取得した土地を¥300,000で売却した。売却代金のうち¥100,000は小切手で受け取り、残額は1週間以内に現金で受け取る予定である。
15
×
売掛金¥100,000の回収として、現金¥40,000と当社振出の小切手¥60,000を受け取った。

第2問(20点)

(1)関東商事では、答案用紙記載の補助簿を用いている。次の仕訳に相当する取引が記帳される補助簿の欄に○印を選択しなさい。
なお、該当する補助簿がない場合は、該当なしの欄に○印をつけること。
現金出納帳
当座預金
出納帳
仕入帳
売上帳
商品有高帳
売掛金
元帳
買掛金
元帳
受取手形
記入帳
支払手形
記入帳
固定資産台帳
該当なし
1
×
2
×
3
×
4
×
5
×
(2)決算に関する以下の1〜5に当てはまる語句又は金額を答えなさい。
なお、語句は下記から最も適切なものを選択し、解答すること。
①商品以外の物品の現状を調査したところ、当期に購入したはがき150枚と切手180枚のうち、はがき25枚と切手10枚が未使用であることが判明した。そのため、¥(    1    )(    2    )勘定 へ振り替えた。なお、はがき及び切手は購入時に費用として処理している。また、取得単価ははがきが@¥63、切手が@¥100である。
②当座預金勘定が(    3    )残高となっている。よって、当座借越勘定に振り替えた。
③現金実査を行ったところ、現金の実際有高は¥65,000であった。
 現金の帳簿残高は¥68,400であり、差異について調査したところ支払利息¥300の記帳漏れが判明し、
 残額は原因不明であったため、¥(    4    )(    5    )勘定に計上した。
 支払利息の記帳漏れは適切に処理済みである。
1.
×
2.
×
3.
×
4.
×
5.
×

第3問(35点)

次の〔資料I〕と〔資料II〕にもとづいて、答案用紙の貸借対照表と損益計算書を作成しなさい。なお、 会計期間はX3年4月1日からX4年3月31日までの1年間である。また、日割計算が必要な場合であっても、月割計算するものとする。
貸借対照表
X4年3月31日
現金
受取手形
貸倒引当金
×
売掛金
貸倒引当金
商品
貯蔵品
×
建物
減価償却累計額
×
備品
減価償却累計額
買掛金
借入金
未払法人税等
×
未払消費税
×
収益
×
資本金
繰越利益剰余金
×
繰越利益剰余金
損益計算書
X3年4月1日からX4年3月31日
売上原価
×
給料
保険料
×
租税公課
×
貸倒引当金繰入
×
減価償却費
×
支払利息
法人税等
当期純利益
売上高
受取家賃
×
雑益
×
繰越利益剰余金
Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.
CPAラーニング 簿記検定 ネット模擬試験
本模試に関する注意事項

試験問題は100点満点、合格点は70点です。
試験の時間は60分です。(なお、システム上、60分が過ぎても試験は止まりません。)

受験上使用できるものは次のとおりです。
・電卓
・鉛筆、シャープペンシル
・下書き用紙(A4サイズ2枚)

本模試の操作方法について

ページ下部にある「試験開始」ボタンを押すことで、試験がスタートします。
「第1問」「第2問」「第3問」のボタンを押すことで、各問題が表示されます。

解き終わった場合、または、60分経過した場合、「試験終了」ボタンを押してください。
自動で採点され、各問題の点数と合否、解説が表示されます。
各問題の下部にある、「解説を見る」を押すと、詳しい解説が表示されます。

解答に関する注意事項

金額を入力する際は、数字のみを入力してください。文字や¥などを使用すると不正解となります。
カンマは自動で入力されるので、カンマを入力する必要はありません。
各勘定科目の使用は借方・貸方でそれぞれ1回ずつで入力してください。
各問題の中で、同じ勘定科目を借方・貸方内で2回入力すると不正解となります。

誤った例

正しい例