学習コラム

【キャリア】経理職で年収1,000万円~高年収を目指す経理人材に必要なスキルとは~

2022/01/16
この記事の目次

個の時代と言われるようになり、年功序列ではなく、結果を出す人が稼げる時代へとシフトしている昨今。特に、転職市場は実力主義の傾向が強いため、求人の給与格差も広がっています。


定量的な結果が見える「営業職」や専門的な知識を有する「コンサルタント職」の場合、高年収の求人のイメージがつきやすいですよね。


一方で、バックオフィスである「経理職」については、何が給与に繋がっているかのイメージを持っていない方が多いため、高年収の求人は期待できないと思われがちです。


しかし、近年は「経理職」などのバックオフィスにも高年収の案件が増加している傾向にあります。

具体的には、ビズリーチなどの転職サイトに掲載している求人において、年収1,000万円以上を提示する経理職の求人数が年々増えている(昨年比1.5倍)のです。


そこで今回は、『高年収を目指す経理人材に必要なスキル』について、転職コンサルタント歴10年以上のエージェントに伺いました。



1.高年収を目指す経理人材に必要なスキルとは


――年収1,000万円を超える給与を得るためには、経理としてどのようなスキルが必要となるのでしょうか。


高年収を得られるのは、市場において希少性の高い人材です。経理・会計職で言えば、以下の業務などをこなせる人材は希少価値が高いと言われています。


特に「管理会計」を高いレベルで行える人材は、多くの企業が求めています。


――管理会計について具体的に教えてください。


まず、先に断言すると経営者の意向通りに帳簿を付けることではないです。


予算を組み、予算達成のために、事業や商品、組織などのさまざまな切り口から業績を理解し、確かな先行指標(KPIなど)を見出して管理するという仕事になります。


管理会計を高レベルで行える人材は、どの企業からも奪い合いになっています。

なぜなら、そのような人材は重要な意思決定や業績向上を左右させるほどの影響力があり、会社の未来の業績を確かなものにできる可能性が高まるからです。


つまり、経営者の参謀のようなポジションになれるため、かなり重宝されるのです。


――高年収の転職のためには、簿記資格などの「専門性」に特化すればよいのでしょうか。


専門性だけでは高年収は狙えません。


なぜなら、年収はどこまで広範な業務を行ったことがあるかによって変化するからです。つまり、実務の経験値が重要視されます。


広範な業務経験と専門性の高いスキルを掛け合わせることで、高年収帯の転職を狙える可能性が高まります。


――キャリアアップに成功している経理人材が実践していることについて教えてください。


業務時間外の時間をうまく活用している方が多い印象です。

具体的には、業務時間外で自己学習をしている方が目立ちますね。


例えば、講習会の参加や他社の経理との意見交換などを積極的に行っています。

上述の通り、経理の転職では広範な業務への知見が重宝されます。そのため、自社だけでなく採用先の業務イメージまで持てるようになれば企業に求められる存在になり得ます。

だからこそ、講習会や研修などで学習の機会を持つことが重要になるのです。


また、変化の激しい昨今では自社のビジネスモデルを変化させたり、事業を多角化させたりするケースも多く見受けられます。

変化への対応力を身に付けるためにも自己学習は大切だと言えますね。


――最後に、どの企業からも求められる経理人材になるために必要なことを教えてください。


1番大切なのは「常に学び続ける姿勢を持つこと」です。

経理を取り巻く環境は常に変化しています。会計基準や税制などの法令等の改正頻度は高く、社会・経済情勢も目まぐるしく変わっているからです。


このような変化に対応するためには、経理として正しく会社の現状を理解し、あるべき方向を問い続ける必要があります。


どの企業からも求められる経理人材になるために、日々の業務で経験値を上げつつ、自分の経験のない業務も学び、多面的に備え続ける意識を持ちましょう。


2.最後に


簿記資格を取得すると、自然と経理職に興味を持つようになると思います。

もしくは、現在経理を担当されている方がキャリアアップを図るために簿記資格の取得を目指しているかと思います。


今回は、そんな経理職にて年収1,000万円の大台に乗るためには「何が必要となるのか?」をテーマにエージェントの方にも協力していただき、コラムを作成しました。


高年収を得られる希少な経理人材になるためには、以下の2点が大切だと分かりました。


・広範な業務の実務経験値を上げること

・常に学び続ける姿勢を持ち、実践すること


資格を取ることはもちろん大事ですが、その後の「経験値を積むこと」、「学び続けること」がキャリアアップを図る上では肝要ですね。





CPAラーニングでは、簿記講座のみならず会計実務や経理実務、税務実務など会計(経理)人材の皆さんが「学び続ける」ためのコンテンツを無料で配信しております。


CPA会計学院が自信を持って提供する実務家によるコンテンツとなっております。

この機会にぜひCPAラーニングをご活用ください。


また、簿記3級、2級の講義及びテキストも無料で配信しております。この講義及びテキストについても、公認会計士試験の合格者を圧倒的に輩出しているCPA会計学院の講師陣が自信を持って作成・収録したコンテンツです。


学習を開始される方は、ぜひCPAラーニングをご活用ください。


CPAラーニングのご登録はこちら