学習コラム

簿記検定で、仕訳の対策は必要? 〜仕訳を制するものは、簿記検定を制する!〜

2021.12.05

1.はじめに

簿記検定において、仕訳の対策を行うことは非常に重要です。

簿記や会計において、仕訳はなくてはならない存在だからです。

今回はそんな仕訳について、内容や重要性、対策方法の理解を深めていきましょう!


2.仕訳とは

簿記の学習を始めたばかりの方が、よく間違えてしまうミスとして、「仕訳」ではなく「仕分け」という誤字が挙げられます。

仕訳とは、会社の取引の要素を勘定科目に置き換えて、借方と貸方で左右に分類し、金額の内容を「仕訳帳」に書き記す作業です。

仕訳では、会社の取引を2つの側面で見ることによって、何が増えて何が減ったのかを明確にできます。


例えば、下記の1行では、「現金が100円増加、資本金が100円増加」を意味しています。

仕訳を行うこと(仕訳をきる、と表現します)で、会社の取引を仕訳帳に記入しておくことができるのです。


📍POINT

仕訳とは「何の勘定科目が、いくら変動したか」を帳簿に記すことです!


3.仕訳の重要性

仕訳が帳簿に示す作業だということは皆さん理解されたと思います。

では、どうして仕訳は重要なのでしょうか。

簿記3級・2級の商業簿記においては、仕訳のみあるいは複数の仕訳の結果が問われるものがほとんどだからです。


具体的に、下記が簿記3級の出題形式と傾向です。

仕訳ができなくて、解ける問題としては第2問の勘定記入、文章の穴埋め問題くらいでしょうか。


第1問の仕訳問題では、その名のとおり仕訳が出題されるので、適切に仕訳がきれるかどうかが問われます。

また、第3問の決算の総合問題では、決算の際に必要な仕訳が出題されるので、基本に加え、決算の特有の仕訳がきれるかどうかが問われます。

仕訳を制するものは、簿記検定を制すると言っても過言ではないですね。


📍POINT

仕訳を制するものは、簿記検定を制することができます!


4.仕訳の対策方法

それでは、仕訳の重要性が分かったところで、具体的な対策方法に移りたいと思います。

仕訳の対策で抑えるべきポイントは下記の3点です。


◆取引の意味

◆勘定科目名

◆5要素の増減


具体的に、例題を解きながら見ていきましょう!


(例題1)会社の設立に際して、株主から14,000円の出資を受けた。


◆取引の意味:現金を受け取る、返済義務のない元手を調達した

◆勘定科目名:「現金」勘定、「資本金」勘定

◆5要素の増減:(現金=)資産の増加、(資本金=)資本の増加

⇒(借方)現金14,000 / (貸方)資本金14,000


(例題2)取引銀行から現金9,000円を借り入れた。


◆取引の意味:現金を受け取った、借り入れた

◆勘定科目名:「現金」勘定、「借入金」勘定

◆5要素の増減:(現金=)資産の増加、(借入金=)負債の増加

⇒(借方)現金9,000 / (貸方)借入金9,000


(例題3)現金10,000円を支払って建物3,500円と土地6,500円を取得した。


◆取引の意味:建物が増加した、現金を支払った

◆勘定科目名:「建物」、「現金」

◆5要素の増減:(建物=)資産の増加、(現金=)資産の減少

⇒(借方)建物3,500 / (貸方)現金10,000 

   (借方)土地6,500 /


(例題4)商品を5,800円で仕入れ、現金を支払った。


◆取引の意味:商品を仕入れた、現金を支払った

◆勘定科目名:「仕入」「現金」

◆5要素の増減:(資本(利益)の減少=)費用の発生、(現金=)資産の減少

⇒(借方)仕入5,800 / (貸方)現金5,800


(例題5)商品を9,000円で販売し、現金を受け取った。


◆取引の意味:現金を受け取った、商品を売り上げた

◆勘定科目名:「現金」、「売上」

◆5要素の増減:(現金=)資産の増加、(資本(利益)が増加=)収益の発生

⇒(借方)現金9,000 / (貸方)売上9,000


(例題6)取引銀行へ現金2,000円を返済した。


◆取引の意味:現金を支払った、返済した

◆勘定科目名:「現金」勘定、「借入金」勘定

◆5要素の増減:(現金=)資産の減少、(借入金=)負債の減少

⇒(借方)借入金2,000 / (貸方)現金2,000


(例題7)利息900円を現金で支払った。


◆取引の意味:現金を支払った、利息の支払った
◆勘定科目名:「現金」勘定、「利息」勘定

◆5要素の増減:(現金=)資産の減少、(資本(利益)が減少=)費用の発生

⇒(借方)利息900 / (貸方)現金900


📍POINT

下記3つの点を意識して学習しましょう!

◆取引の意味

◆勘定科目名

◆5要素の増減


5.日頃の学習にて

問題を解く際の、3点のポイントが分かったと思います。

いちいち、取引の意味や勘定科目名、5要素の増減を考えないといけないとなると、とても大変そうに思ってしまいますね。


しかし、会社の取引は定型的なものが多く、簿記3級・2級で問われるものは特に、定型的なものが多いです。

きちんと講義やテキストを理解し、繰り返し計算問題を解くことで、考える時間は確実に短縮でき、定型的な問題については、意識して考えずとも解答することができるようになります。


とはいえ、まずは一つ一つ、会社の取引を覚えていくことが大事です。

その際に、取引の意味や、その取引に関連する勘定科目、勘定科目の要素、その取引による要素の増減を丁寧に理解しましょう。


最初のうちは、一度覚えても忘れてしまうと思います。

取引をしっかりと理解すること、計算問題を繰り返し解くことで、知識を定着させるよう心がけましょう!!


For the Future
簿記検定合格のその先は…「公認会計士」

会計に関する国家資格の最高峰が「公認会計士」です。
公認会計士は、会計のプロフェッショナルとして多様な仕事のフィールドがある上、税理士登録も可能なため、将来独立開業したい人にもオススメです!試験は簿記検定で学習した内容を深堀りしていく形なので、簿記検定の勉強が面白いと感じた方はぜひチャレンジしてみてください!

公認会計士を目指すなら、CPA会計学院
今なら、公認会計士入門コース(簿記3級)体験セットを無料プレゼント!
無料の資料請求はこちら