学習コラム

おすすめの簿記電卓とは?

2021.11.26


A. SHARPならEL-G37、CasioならAZ-26Sです。

 

SHARP EL-G37

CASIO AZ-26S


関連記事

・電卓の正しい使い方は?(近日公開)


1.特徴

・SHARPが日商簿記・税理士・公認会計士を目指す人のために開発した特別な電卓

・表示桁12桁

・キー配置・便利機能・打鍵感が◎

・サイレントキー機能(打つ音が静か)

・液晶部分が見やすく、視認性が非常に高い(15度の傾斜付)

・キーロールオーバー機能(早打ち機能)

・太陽電池搭載

・試験で使用できる電卓の基準は全て満たしている

・日数計算機能

・定数計算機能


2.おすすめする理由

1.表示桁が12桁&液晶が見やすい

簿記の勉強をする上では、大きな金額を扱うことが多いので、表示桁は12桁以上あることが望ましいです。


2.キーロールオーバー機能&キー配置・打鍵感◎

簿記の勉強をする上では、たくさんの計算をすることになるため、その分電卓のキーを叩くことになります。慣れるとスピード感も上がります。

EL-G37についている早打ち機能では、キーから指が離れる前に次のキーを押し始めてもきちんと数字が反映されるため、必須の機能と言えます。


3.定数計算機能

定数計算機能とは、一定の決まった数字を使った計算を繰り返す場合に、決まった方の数字(定数)の入力を省略できる機能のことを指します。

具体的には、1,000×5をした後に、1,000×8をしたい場合、押す必要のあるボタンは次の通りとなります。「1 0 0 0 × 5 = 8 =」(ここの表現もっとよくしたい)

割り算であれば、「1 3 3 1 0 ÷ 1 . 1 = = =」と入力すれば、10,000と検算されます。 かなり重宝する機能です。


4.日数計算機能

簿記の勉強を進めていくと日数の計算が必要になるシーンがあります。そのため、日数計算機能についてもかなり重宝できます。


3.最後に

今回アンサーに載せた、EL-G37(SHARP)、AZ-26S(Casio)は上述した特徴を全て備えているため、どちらかを選べば間違いがないです。

2つのうちどちらにするかは、キー配置や打鍵感、お値段などで好みだった方を選べばよいでしょう。


For the Future
簿記検定合格のその先は…「公認会計士」

会計に関する国家資格の最高峰が「公認会計士」です。
公認会計士は、会計のプロフェッショナルとして多様な仕事のフィールドがある上、税理士登録も可能なため、将来独立開業したい人にもオススメです!試験は簿記検定で学習した内容を深堀りしていく形なので、簿記検定の勉強が面白いと感じた方はぜひチャレンジしてみてください!

公認会計士を目指すなら、CPA会計学院
今なら、公認会計士入門コース(簿記3級)体験セットを無料プレゼント!
無料の資料請求はこちら