学習コラム

【キャリア】簿記資格取得のメリットとは? ~会計・経理業務に従事していない方でも役立つ資格!~

2021/12/08

A. 以下に挙げる3つのメリットがあります。

  1. どのような仕事でも活かすことができる
  2. 就職や転職の際に有利になる
  3. 他の資格取得へのステップアップがしやすい


簿記というと会計・経理業務などに関連するイメージがどうしてもありますよね。

そのため、経理業務に従事していない場合でも「日商簿記2級や3級の資格を取得するメリットはあるのか?」という疑問が残るかと思います。

しかし、アンサーに載せた通り、3つのメリットがあります。当コラムではそれらを解説します。


1.どのような仕事でも活かすことができる

簿記の知識は、企業に勤めている皆さんにとって、非常に有益な知識と言われます。
なぜなら、会社が存続するための『利益』を生み出す取引のサイクルに、社員の皆さんが関わっている以上、そこで生じているお金のやり取りや記録の残り方、利益に対する理解といった、そのサイクルの仕組みに対する理解力は重宝されるからです。

簿記の知識は、経理などの数字を扱う部署だけでなく、どのような職種においても役立つスキルとなります。
なぜなら、簿記を学ぶことによって会計の基本を学べるため、数字が動いた背景を読めるようになるからです。

例えば、経理担当ではない方でも以下のようなメリットがあります。

テキスト自動的に生成された説明

上記は一例にすぎませんが、簿記の知識があることでこれまで以上のクオリティの仕事ができるようになります。


特に、営業部に所属する方は、「自分の営業活動がどのように会社の売上に繋がり、その活動にかかってしまったコストをどの程度抑えられれば、より会社に貢献する利益を生むことができるか」を理解できていた場合、エース級の人材になれますね!

2.就職や転職の際に有利になる


日商簿記検定の年間受験者数は、何名受験しているかご存知でしょうか。

答えは、約50万人です。この受験者数を見るだけでもとても人気の資格であると分かりますね。


特に、企業からのニーズが高いため、就職に有利な資格を取りたいと考える学生や転職を考えている社会人の方に人気の資格となっています。

上述したメリットを見ても分かる通り、簿記の知識を持った従業員は、ビジネスをより具体的にとらえることができます。より品質の高い業務をこなしてくれると考えると、企業からのニーズが高いことも納得ですね。


簿記資格を保有すると、希望通りの職種に就ける可能性が高くなります

経理や会計に直接関係する部署でなくても、履歴書に書かれているだけで、プラス要素としてアピールできます。


もちろん、簿記の資格を取得すればそれだけで良い訳ではありません。
ESに記載する際や面接の際は、資格を取るために行った努力や、今後のビジョンなど資格を取ったことと相乗効果が生まれるエピソードを交えるとなお良いです。
就職や転職にするためにもぜひ簿記資格取得を目指しましょう!


3.他の資格取得へのステップアップに役立つ

簿記検定に合格することで、他の資格受験へとステップアップすることができます。

特に、以下に挙げる資格は、簿記と相性の良いステップアップ資格の候補となるでしょう。

テキスト, テーブル中程度の精度で自動的に生成された説明

表にも記載していますが、簿記3級に合格した方は簿記2級へとチャレンジすることをおススメします。3級と2級の試験内容はリンクしていて、3級で学んだ基礎知識があれば、2級の問題も取り組みやすくなります。
また、多くの企業では、経理部門の社員には簿記2級の取得を求めています。したがって、仕事で活かすには「簿記2級を目指す」ということから始めてもいいかもしれません。


4.最後に

簿記の知識を身に付けることによって、ビジネス上の数字が読めるようになると、より大きな視点で仕事を進めることができるようになります。そのため、会社経営には簿記の知識が不可欠であると言え、経営者の多くは、この知識を身につけています。


したがって、経理担当ではなくとも、簿記の知識を身につけ、ビジネスを数字の観点からも考えられるようになれば、経営者と同じレベルで業務を考えたり、語り合えたりできるようになるかもしれません。


また、簿記は3級→1級になるほど難易度も跳ね上がりますが、その分、より専門的な業務を行えるようになったり、就職や転職において有利になったりします。


以上のように、簿記資格は単に仕訳ができたり、決算書が作れたりということにとどまらず、知識と考え方を活用すれば将来の自分の可能性を大きく広げるチャンスになります。成長意欲のある方は、簿記資格を足掛かりに、自分をさらに成長させてみてはいかがでしょうか。


CPAラーニングでは簿記3級、2級が無料で学習できますのでまだご利用でない方はぜひご利用ください。

CPAラーニングへの登録はこちらをクリック。

For the Future
簿記検定合格のその先は…「公認会計士」

会計に関する国家資格の最高峰が「公認会計士」です。
公認会計士は、会計のプロフェッショナルとして多様な仕事のフィールドがある上、税理士登録も可能なため、将来独立開業したい人にもオススメです!試験は簿記検定で学習した内容を深堀りしていく形なので、簿記検定の勉強が面白いと感じた方はぜひチャレンジしてみてください!

公認会計士を目指すなら、CPA会計学院
今なら、公認会計士入門コース(簿記3級)体験セットを無料プレゼント!
無料の資料請求はこちら