学習コラム

「経理」の仕事ガイダンス 〜「経理」の仕事ってどんなことをしているの??〜

2021.12.19

1.はじめに


「経理」と一口に言っても、様々な種類の経理の形があります。

今回は、「経理」の仕事を具体化して紹介していきます。

パターン①:

最も多いパターンです。

企業の中に経理部などの部署はなく、経理業務を毎月3〜5万円程度で会計事務所に経理業務委託で外注する形態です。


パターン②:

IPO直前の会社に多く見られます。企業の中に経理部を作り、正社員を雇って、経理を回していく形態です。単体の経理であることから単体経理と呼ばれることもあります。


パターン③:

近年、企業の複雑化に伴い、親会社と子会社に会社を分けるケースも多くなっています。親会社・子会社それぞれに経理部があり、親会社経理子会社経理に分かれています。基本的には同じですが、会計処理に特色があり、スキルが必要です。そのため、親会社経理では、連結経理部という特別な部署を置く会社もあります。


パターン②の単体経理では、1つの企業の業績を管理しておけば良いですが、パターン③の連結経理では、グループ企業として業績を管理する手法が主流となっています。


上記パターン①〜③に加えて、上場企業や非上場企業によって経理が担う仕事は異なってきます。


📍POINT

「経理」の形は、経理部・上場・子会社の有無によって多種多様です!



2.経理部の仕事


「経理」の形は、多種多様だということが分かったと思います。

これから経理部の仕事を見ていきたいと思いますが、今回は、パターン②かつ非上場企業の経理部の業務(いわゆる中小規模の経理部の業務)を中心に解説したいと思います。


下の図を見てみましょう。


 

一般的に、経理部と聞くと「営業部が契約を獲得した際に作成した請求書や契約書をもとに、会計システムに伝票を入力する」という仕事を想像すると思います。


しかし、経理部の仕事はそれだけではありません。実は、その他にも色々な仕事があります。具体的には、以下のようなものが挙げられます。


◆労務管理 給与や残業代の計算、従業員が働き過ぎていないかの管理を行う

◆資金管理 会社にお金は十分にあるかの管理、足りなければ借入の判断を行う

◆資産管理 固定資産税などを払うため、会社にどのような資産があるかを把握する

◆決算業務 年次や月次で経営成績と財政状況を確定する

◆税務申告 経営成績と財政状況を確定した後で、税金の支払額を計算する


このように、経理業務は非常に幅広いです。経理人材の中には、1人でこれらのバックオフィス業務全般を担う人もいます。上場企業や大手企業など、会社の規模が大きくなればなるほど、人が増え、部署ごとの分業となります。


1人経理は不安や忙しさが大きいですが、その対価として、企業のバックオフィス業務をこなすスキルがつきます。一方で上場企業や大手企業では、経理業務の一部しか担当しないため、ある会社で得たスキルが、別の会社では使えないということがあるようです。


📍POINT

中小規模の経理部の業務では、バックオフィス業務全般の労務管理・資金管理・資産管理・決算業務・税務申告などを担います!



3.経理部の仕事分類


次は、細かい経理部の仕事について見ていきましょう。

経理の仕事を紹介するとき、大きく次の4つに分けられます


📍POINT

経理の業務は、日次・月次・年次・都度業務に分けられます!



4.経理の年間スケジュール


例えば、3月決算の会社の場合を想定すると以下のようになります。


4月:年次決算

5月:法人税の申告納付、消費税の申告納付、株主総会

6月:住民税の納付(納期特例12〜5月分)

7月:所得税の納付(納期特例1〜6月分)、社会保険料算定基礎届けの提出、労働保険料の年度更新

8月:特になし

9月:特になし

10月:特になし

11月:法人税の中間申告・納付

12月:住民税の納付(納期特例6〜11月分)、年末調整

1月:所得税の納付(納期特例7〜12月分)、法定調書の提出、償却資産税の提出

2月:特になし

3月:実地棚卸


1年間を通して、上記のように働いていくことになります。特に4、5月は繁忙期で、7月、12月、1月も比較的忙しい時期です。


📍POINT

1年間を通して一般的に5ヶ月間が繁忙期となっています!



5.「経理」の魅力


「経理」の業務は、バックオフィス業務全般を担うことが多いことや、日次・月次・年次・都度業務があること、繁忙期があることからなかなかハードです。

しかし、バックオフィス業務全般を担うため、経営者目線で会社を見たり、経営者の近くで仕事に取り組むことができます

また、会社の経営や将来を担っているというやりがいも大きいです。

これらは、「経理」ならではの魅力と言えます。


📍POINT

①経営者目線で会社を見たり、経営層の近くで仕事に取り組むことができること、②会社の経営や将来を担っているというやりがいの2つが「経理」ならではの魅力です!



6.おわりに


「経理」の仕事の全体像について、イメージを持てましたか。経理人材の道は多岐に分かれており、それぞれ専門性や業務内容が大きく異なっています。

経理部は専門職なので、日々勉強が必要で、大変な面もあります。


しかし、会計はどの会社でも必要なスキルのため、学習や実務の経験をすることでキャリアアップや転職に有利になったり損をすることはありません

また、経営者目線で会社を見たり、経営者の近くで仕事に取り組んだりできること、会社の経営や将来を担っているというやりがいがあることから魅力がたくさんあります。


CPAラーニングで、経理実務コースの講義が開講されています(講義はこちらから受けることができます)。

経理実務に必要なスキルを、公認会計士試験合格者の講師が1から教えてくれるので、これを機に経理人材を目指してみてはいかがでしょうか。


以上、経理の仕事ガイダンス〜経理の仕事ってどんなことをしているの??〜でした!

For the Future
簿記検定合格のその先は…「公認会計士」

会計に関する国家資格の最高峰が「公認会計士」です。
公認会計士は、会計のプロフェッショナルとして多様な仕事のフィールドがある上、税理士登録も可能なため、将来独立開業したい人にもオススメです!試験は簿記検定で学習した内容を深堀りしていく形なので、簿記検定の勉強が面白いと感じた方はぜひチャレンジしてみてください!

公認会計士を目指すなら、CPA会計学院
今なら、公認会計士入門コース(簿記3級)体験セットを無料プレゼント!
無料の資料請求はこちら