学習お役立ち情報

【簿記3級合格者がここだけで教える】モチベーションを維持する4つの方法

2021/06/01



就活に役立ちそうだし、知っておいて損はなさそうだし、「簿記取ろうかなあ!!」と軽い気持ちで勉強を始めたはいいものの、「他にもたくさんしたいことはあるし、同じような仕訳ばかりで飽きてきたし、思うように勉強が進まない!」


そんな思いを抱えている方、少なくないのではないでしょうか。



そこで今回は、実際に実質3週間で簿記3級に合格した私が、どんなふうに勉強のモチベーションを保っていたか、体験談をご紹介しようと思います。

皆さんにも同じ条件が当てはまるかどうかはわかりませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです!!

なお、こちらは簿記検定に限った話ではなく、他の勉強をするときにも通ずる普遍的な方法かもしれません(笑)



はじめに


さてさて、、、

私は、都内の大学に通う理系の学生です。

簿記とは程遠い世界で過ごしていたのですが、インターン先でちょこっと経理に関わることになりました。

簿記3級が必ず必要というわけではないけれど、理解していた方が仕事しやすいだろうなあ、と、検定受験を目指していくつかCPAラーニングの動画を視聴し、勉強を始めてみましたが、モチベーションが続かずそのまま数ヶ月放置、、、

その後このままではいけない!と勉強を再開し、3週間程で合格しました!



モチベーション維持の方法5つ


そんな私のモチベーション維持の方法は、大きく分けて5つです。


  1. 簿記を勉強する目標や目的を明確にする
  2. 短期での合格を目指す
  3. ちょっと強気に、計画的なスケジュールを立てる
  4. 合格せざるを得ない状況を作る
  5. 自分へのご褒美を用意する


それでは、それぞれについて順を追って簡単にご説明します。



1. 簿記を勉強する目標や目的を明確にする


就活に役立つから、仕事に使うから、などなど、皆さんそれぞれ簿記を勉強する目的を持っていると思います。

その目的を確認するだけでなく、より具体的な目標を立ててそれを常に頭において勉強すると、気が引き締まってモチベーションを維持しやすいのではないでしょうか。

今回の私の場合であれば、仕事に役立つだろうなあという曖昧な意識だけでなく、「合格したら〇〇の仕事をする!」と具体的に未来予測図を描くことでモチベーションを維持していました。



2. 短期での合格を目指す


簿記3級では、仕訳がとにかくたくさん出てきて混乱するかもしれませんが、一つ一つが難解な分類というわけでもなければ、計算がものすごく難しいというわけでもありません。

そのため理解にそこまで時間がかからないことが災いし、しばらくぶりに教科書を見返すと、ほとんど覚えてないなんて可能性も、、、私も実際久しぶりに教科書を開いたときには忘れていることが多々ありました。


それならば、勉強期間をあまり長く設けず、忘れてしまう前に合格してしまうのが良いかもしれません。

ネット受験が開始され、自由に受験日も決められますので、勉強しようと思ったらすぐに、1〜2ヶ月後の近い日程で申し込みを済ませてしまうことを個人的にはお勧めします。

3.ちょっと強気の綿密なスケジュール計画を立てる


公認会計士や簿記1級のように長期に渡る学習は、余裕を持ったスケジュールをたてないと、予定通りに進められず、続かなくなりがちです。しかし、簿記3級のような短期学習においては、余裕を持ったスケジュールのほうが後回しにしがちなのではと感じます。

そこで、「動画を毎日2つは見る!」などと少し自分に厳しめのプランを立て、気持ちが進まない日でも予定通り勉強せざるを得ない状況を作る、というのが良いのではと思います。

4. 合格せざるを得ない状況を作る


これは「落ちたら困る!」という焦りを強制的に作っておく方法です。

同期と一緒に受験する、もしくは周りに受験することを公言しておく、など、「落ちられない!」と思う気持ちを利用します。

そんな外的要因がなくてもモチベーションを保てる!という方もいるかもしれません。素晴らしいです、、、(笑)

5.自分へのご褒美を用意する


簿記の勉強をするときにはお気に入りのカフェでスムージーを飲む、授業動画を2つ見たら10分好きな動画を見る、というような学習期間の小さなご褒美でも良いですし、簿記3級の試験の帰りに高級焼肉を食べる、という長い期間でのご褒美でも良いです。

自分の目の前にうまくにんじんをぶら下げられるようになるとモチベーションも維持しやすくなります。



まとめ


さて、ここまで私が簿記3級を受けるにあたって使ったモチベーション維持の方法をご紹介してきましたが、一番大切なのは、1.に書いたように、自分がどうして簿記検定の勉強をしているかを考えることだと思います。

とはいえ、どんなにモチベーションが下がったとしても、申し込みをしたなら合格に向けて勉強するしかありません。


簿記3級は、一般的に見ても取得によってたくさんのメリットのある資格です。ぜひ、途中で諦めることなく合格を手にして欲しいと願っています。


For the Future
簿記検定合格のその先は…「公認会計士」

会計に関する国家資格の最高峰が「公認会計士」です。
公認会計士は、会計のプロフェッショナルとして多様な仕事のフィールドがある上、税理士登録も可能なため、将来独立開業したい人にもオススメです!試験は簿記検定で学習した内容を深堀りしていく形なので、簿記検定の勉強が面白いと感じた方はぜひチャレンジしてみてください!

公認会計士を目指すなら、CPA会計学院
今なら、公認会計士入門コース(簿記3級)体験セットを無料プレゼント!
無料の資料請求はこちら